【ポリピュア 副作用】

ポリピュアの副作用

今日では男性では4人に1人、女性においては10人に1人が薄毛や抜け毛など毛髪に悩みを抱えています。ヘアスタイルは男女を問わず、その人の見た目の印象や年齢のイメージを決めるとても大切なポイントになります。ハリがあり健康な髪は年齢を感じさせない若々しい印象を与え、ボリュームがなく弱々しい髪はどうしても年齢を重ねた、疲れた印象を与えてしまいます。髪の悩みを抱えた人、将来の髪の毛を心配する人向けに市場にはたくさんの育毛剤が出回っています。シャンプー後につけるスタンダードな育毛剤に加え、発毛を促進するヘアブラシ、頭皮・毛髪の汚れを丁寧に洗い落とすウォッシュブラシ、キャップやクレンジング剤など様々な育毛グッズがあります。

毛髪の悩みはデリケートな部分であるため、未知なる育毛剤や薬用シャンプーなどを使ってますます頭皮の健康を損ねたり、薄毛・抜け毛が進行してしまわないよう、使われている有効成分や自分の体質をよく考えて副作用には充分注意したいものです。育毛剤は頭皮に直接つけるものであるため、安全性の確認があって市場店頭に並んでいるわけではありますが、敏感肌、アレルギー体質など人によって体質やその日の体調は千差万別であるため必ずしも副作用がないとは言い切れません。例えばプロピレングリコールという溶剤が配合された育毛剤では頭皮のかゆみを感じることが多く、育毛剤の有効成分のひとつであるミノキシジルは頭皮のかゆみ、アレルギー炎症、湿疹、かぶれ、また本来ミノキシジルは高血圧患者のための治療薬で血管拡張作用があるため、低血圧を引き起すなどが報告されています。さらに有名な育毛治療薬プロペシアの有効成分フィナステリドは妊娠中の女性が服用すると赤ちゃんに奇形を起こすリスクがあるとして、女性のプロペシア服用を禁止しています。

こうした副作用のリスクをはらんだ育毛剤に比べて、ポリピュアの配合成分にキケンなものは含まれていないと言って良いでしょう。ニンジンやセンブリなどの植物エキスを使用している他、ポリピュアの発毛を促す有効成分ポリリン酸ナトリウムも副作用の心配をすることはありません。ポリリン酸は微生物から哺乳動物まで全ての生物の体内に存在する成分で、歯周病の治療薬として歯磨き粉に配合されていたり、保水や結着性を高める食品添加物として使われている成分です。ポリピュアは育毛を促す確かな機能性に加えて、安全性にも一切の妥協をしていません。敏感肌の方もデリーケートな体質の方にも安心してお使い頂けます。


▲このページの上部へ

Copyright © 2013 ポリピュアの購入はコチラ All Rights Reserved.