【ポリピュア M字】

ポリピュアはm字に効くのか

M字型の薄毛とは前頭部の左右の額部分から徐々に後退し、前頂部に髪が残るような形で薄毛が進行するケースを言います。まさに髪の毛がアルファベットのMの字型になることからM字と言うようです。日本人男性の多くがこのM字型の薄毛に悩み、男性型脱毛症(AGA)のひとつです。一般的な髪が生え抜け落ちるまでの周期(ヘアサイクル)の成長期は、男性の場合2〜5年、女性の場合は4〜6年と言われています。しかしM字型の薄毛は髪が生え伸びる成長期が短くなるために細く短い髪の毛が多くなり、全体的に薄毛が目立つようになるのが特徴です。

こうした薄毛の原因は、テストステロンという男性ホルモンが細胞内でリラクターゼ(還元酵素)と結びつき、DHT(デヒドロテストステロン)に変化することによるとされています。DHTは髪の毛を作る細胞を萎縮させる強力な脱毛ホルモンで且つ、DHTは前頭部で多く生成されるため前頭部左右の額部分が後退し、M字型の薄毛の原因となります。DHTが増える原因にはホルモンやリラクターゼの量が遺伝的に多いか、DHTが活発に生成される体質であることに加え、二次的要因として偏食や不規則な生活習慣も影響しています。

M字型の薄毛に代表される男性型脱毛症は、このようにDHTというホルモンの影響が強いため、育毛剤による効果はあまり期待できず、治療方法としてはDHTの生成を抑制する育毛薬や育毛剤が必要になります。しかしホルモンに関わる治療薬は安価ではないことに加え副作用の心配もあります。体質や体調によっては使用制限があったり、かゆみ、湿疹、炎症、かぶれなど逆に症状が進行させてしまうリスクもあります。

そこで有効なのが全く新しい発毛促進アプローチで話題を呼んでいる育毛剤ポリピュアです。M字型の薄毛にはホルモンが関係しており、育毛剤ではあまり効果がないとされてきました。しかし効果がないのは、頭皮の血行を良くしたり、硬くなった頭皮をやわらかくほぐして新陳代謝を上げたり、栄養分を与えてあげる従来型の育毛剤です。髪は、脳から頭皮にあり発毛シグナルを伝達して栄養を送る毛乳頭、毛乳頭から細胞分裂によって髪を作る毛母細胞へと発毛を促すシグナルが伝達されることで髪の毛がつくられます。ポリピュアはこの発毛のメカニズムに着目し、ヘアサイクルをスタートさせる毛乳頭へ直接働きかけ、眠っている細胞を呼び覚まし発毛へと導く育毛剤です。

ポリピュアに加えて食事、睡眠、運動の生活習慣3要素を整えてあげれば、あきらめていたM字の悩みも軽くなるはずです!


▲このページの上部へ

Copyright © 2013 ポリピュアの購入はコチラ All Rights Reserved.